2021.06.9

西条柿の種は、美味しい柿を作るため。種なしの西条柿もあるの?

唄う♪広報担当の今岡です。
毎日、通勤の車内でニコニコしながら歌っております。

今年は梅雨入りが早かったですね。
皆さんのお住いの地域はいつ頃でしたか?
島根県の梅雨入りは、平年は6月7日頃ですが、今年は5月15日頃でした。
梅雨が長くならないか心配されるところです。

梅雨が長いと柿が勝手に落ちてしまいます

雨が長く降り続けると、太陽の光が少なくて柿が栄養不足になってしまいます。
それによって、柿が大きくなる前に実を落としてしまうのです。(※生理落果と呼びます。)

これを防ぐためにも、柿壺では、柿に種を入れてあげています。

西条柿の種について

柿という果物は、雌花か雄花だけでも実がなります。
要するに、種がなくても良い果物なんです。

それなのに、受粉させることでわざわざ種を入れているんです!

食べる皆さんにとっては、
「切るときに種が包丁にあたって切りづらいのに。」
「種がない方が食べやすいのに。」
というご意見が多いんじゃないでしょうか?笑

でも、種入れをしたほうが美味しい柿ができるんです。

西条柿に種を入れる理由

柿の木は、「種が入ってない実は大きくしてやれないよ」と言って、種なしの実はポトッと落としてしまいます。
柿の木も子孫を残すことを考えているからですね。
また、栄養不足になっても同様に実を落としてしまいます。

こうして考えると、柿の木も大変なんですね。
いつも美味しい柿をつけてくれてありがとう✨

美味しい柿をつくる種入れ

種を入れる理由は落果を防ぐためだけではありません。
種が入ることで、果実が大きく育ち、食味が良くなります。

柿壺では、受粉のための柿の木を柿園に植えています。
西条柿や富有柿など雌花しか咲かない品種は、雄花をつける品種(禅寺丸やサエフジという柿)を植えて受粉できるようにします。
そして、花が咲く5月中旬頃~6月上旬頃に、養蜂農家さんからお借りしたミツバチたちに手伝ってもらい受粉させます。

柿の種は最大8個はいります

柿の実には4つの部屋があり、それぞれに種が2個まで入ります。
なので、最大で8個入っている可能性があります。
もし実際に入ってたら、「種、多いよ~」と思われるかもしれません。笑
でも、そんなときには「この種も柿を美味しくするのに必要なんだな〜」と思って食べていただけたら嬉しいです!実際、種がいっぱい入ってたことなんて、忘れるくらいです♪

というわけで、大きくてあまーい柿に育てるために、種は必要不可欠な存在だということです。
種なしの西条柿もありますが、柿壺ではこれらの理由で種アリの西条柿にこだわています。

6月現在、私どもの柿園では、摘蕾(てきらい)といって、一本の枝に一個の蕾(つぼみ)を残す作業を行っています。
一つ一つの実を大きく、美味く育てるためです。

今、生活や環境の変化でストレスを感じている方も多いと思います。
秋には柿を食べて、ホッとして、季節を感じていただけたらと思います。

西条柿について詳しくはこちら

 

柿壺イチオシ商品

 

私たち「柿壺」は島根県出雲市の平田地区で柿を育てています。
西条柿を中心に、富有柿、伊豆柿、太秋柿、陽豊柿を栽培する柿の専業農家です。
寝ても覚めても柿の事を考えてしまう私たちが、今年の柿の生育状況や柿畑での出来事、柿のうんちくなどを発信していきます。