柿の不思議

突然ですが、柿はどのように実をつけるか知っていますか?

私は柿農家に嫁ぐまで、そんなこと考えもしなかったですが(^_^;)

 

 

通常、雄花から出た花粉が雌花に受粉することで果実ができます。

ですが、私たちの柿畑に植えてある「西条柿」「富有柿」「伊豆柿」は

 

なんと!

 

木に雄花が咲かないのです。

もし柿壺にある品種で雄花が咲く木があれば、それは2万本に1本あるかないかと言われているくらいすごいことです。

 

 

さらに驚いたのは、品種によって差異はあるものの柿は雌花だけでも実ができるということです。

ただ、受粉させないと結実が安定しないので、受粉は大切なことなのですが…。

雄花がないのにどうやって受粉させるか、不思議ですよね。

 

 

実は柿の中には雄花を多くつける品種があるのです。

その品種を畑に数本混在させているのです。

柿壺の畑では「禅寺丸」と「さえふじ」という受粉樹を植えています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

受粉樹は剪定や摘雷(間引き)をしないので、枝いっぱいに実がなります。

秋には私たちの畑でのおやつとしても大活躍?です(*^_^*)

 

277

 

 

 

柿の花は、早いものだと5月中旬頃から咲き始め、6月上旬頃咲き終わります。

その間にミツバチで受粉させていきます。

その時期になるととてもかわいいミツバチの入ったボックスをお借りするので、またブログで紹介させていただきます(o^-^o)

 

 

*ご愛読ありがとうございます*

ご面倒でなければ、〈ポチッ〉と応援していただけると嬉しいです☆

↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村